憧れからキャバ嬢挑戦。店選びを失敗したせいで1ヶ月で店を変わった話し

憧れからキャバ嬢挑戦。店選びを失敗したせいで1ヶ月で店を変わった話し

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
キャバクラ

【当時の住まい】
賃貸マンションで一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
世代的に小悪魔agehaが流行っていてキャバ嬢に憧れが強かった。
稼ぎたいとか夜職でやっていきたいとかは無かった。

【環境と仕事内容】
老舗のキャバクラで在籍人数が40人ほどだけど毎日出勤する子は少なくて出勤人数の平均は10人前後。
お客さんは質が悪かった。
休みはシフト自由だから自分で頑張るのも頑張らないのも決めれた。
寮に入ってる子が多かった。
給与はポイント制で本指名や場内指名でポイントを稼いで時給が上がり下がりするから稼げない子は昼職と同じぐらいの給与。

【大変だった時期】
お酒が飲めないので最初からハンデがあった




【大変だったこと】
やけに敵対視してくる女の子が1人いて私のお客さんに胸を押し付けたり指名変えてくれたらもっと色々してあげるのにとか言ってとられそうになっていた。
私の事を気に入ってくれてるお客さんにも私の嘘の悪口とかプライベートなことを色々話していた。
お客さんにはストーカー気質な人が多くて席についてすぐ彼女になれる子しか卓に来てほしくないと言われたりした。
過激なお触りしてくる人もいてキスされそうになったり大変だったのにボーイは見て見ぬふりして止めてくれなかった。
勝手に彼女扱いしてくる人は休日もプライベートも連絡がずっと来てて無視したら店まで来てべたべたしてくる。
店に来ないのに外で会いたがる人も多くて断る理由を探すのにいつも大変だった。

【大変だった期間】
入店して1ヶ月の間




【当時の心境】
入店してすぐ辞めたくなり1ヶ月ですぐ辞めた。
キャバ嬢の仕事は楽しかったけど店選びを間違えたなと思っていた。
最初は週6で出勤したり頑張れたけどお客さんの質が悪すぎて出勤日数をどんどん減らしていって最終的にはもう辞めますの流れだった。

【職場が大変だった原因】
敵対視してくる女の子とお触りを止めないボーイのせいで質の悪いお客さんばかり残って良いお客さんはもっと良いしっかりした店に流れてしまう。




【仕事で良かったこと】
お酒を飲まないのに毎日指名で来てくれるお客さんができたとき。
入店してすぐノンアルで毎日来るお客さんができてその人がいる時間だけは楽しかった。
場内指名がよくとれたから指名が取れると充実してやりがいがあった。




【特にひどかった最悪の出来事】
浴衣イベントで浴衣をきたときに大きくあいてる袖口から手を入れられて胸を触られた。
そのまま抱き寄せてきてキスされそうになった。
なのにボーイは止めてくれなくて風俗店に近い接客になって最悪だった。
お客さんにここはキャバクラだからそれはできないこととお触りしすぎなことをボーイが言ってくれないから自分で言ったらお客さんから他の子はみんな触らせてくれるし嫌がらないよと言い返されたけどそんな場面見たことないから平気で嘘をついてなにも分からない新人だから流されて言うこと聞いてくれるだろうという考えが見え見えだった。
他の女の子からも見える席でそういうことされたのもすごく嫌だった。
なんのためにボーイが店の中見て回っているんだろうと思った。




【相談した人・助けてくれた人】
一番人気のある先輩キャバ嬢の人が親切にしてくれてよく声をかけてくれたり対処法を教えてくれたり自分の昔あったことを話しながら分かりやすく教えてくれた。
キャバ嬢にはキャバ嬢の仕事があるから過度なサービス求められたら無視して風俗店に言ってもらえばいいと言ってくれた。

【改善のための行動】
お客さんだけじゃなくボーイも良くなかったから改善しずに店を辞めた。
自分が改善しようとしても環境が悪かったからどうせ無理だろうなと思って何もしなかった。
辞めたあとは良い店を選べてかなり楽しくキャバ嬢の仕事が出来た。




【現在の状況と心境の変化】
それから10年たって結婚して興味のあった美容の仕事をしている。
キャバ嬢に憧れたきっかけは小悪魔agehaで好きな髪色、好きなメイク、好きなネイルでおしゃれに我慢しなくていいと思ったからで今働いている美容の職場もネイル、メイク、髪型自由だからキャバ嬢にこだわらなくても好きなおしゃれして働けるんだと思った。

【学んだこと】
やりたいことがあれば挑戦すればいいけど思ってたのと違ったり我慢やストレスが強いられるなら逃げてもいいということ



【当時の自分へのアドバイス】
入店する前に何件も店を見て回ってじっくり選んだほうがいい。
初心者向けとか働きやすそうで安心できることを言われても安心しずに体験入店や見学をして選んだほうが後悔しない。
他にももっといい店がたくさんあるからはやまらずにしっかり見て聞いて吟味してほしい。
入店決めるときに言われたことも全部は信じたらいけない。