【キャバ嬢】キャバクラよりもスナックの方がおすすめやしお客さまも楽しい人が多い。

【キャバ嬢】キャバクラよりもスナックの方がおすすめやしお客さまも楽しい人が多い。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
19歳

【当時の職業】
キャバクラ

【当時の住まい】
実家暮らしでしたがその頃は、友達の家に泊まりが多かった。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
スナックで働いたのが初めてで、ただただ時給がキャバクラの方がよかったから。
送り迎えもあったし魅力感じた。

【環境と仕事内容】
三宮に何店舗かあるキャバクラで、そこそこ大きな店舗でした。
野球選手なども多く来店していました。
自分はスナックからキャバクラへ転職した当時はシステムなども分からずただ時給に魅力を感じ適当に時間過ごしていたと思います。
時給4500円ほどで送迎車もあり働きやすかったです。
週に2.3日出勤で服装もそこまで決まらなく気軽なお店でした。

【大変だった時期】
18から水商売初めて19のキャバクラが大変だった。




【大変だったこと】
私的にはもともとスナックがはじめての仕事だっただけにキャバクラはお客さまと1対1とゆうシステムが私的に合わなかったです!
キャバクラではお酒も作らなくていいしスナックと比べて楽だとは思うのですが嫌なお客さまが来た時は接客中最悪な時間でした!
ボーイに偉そうになる自分もあまり好きではなかったですね…
女の子同士は人数が多すぎて面識ない人の方が多かったですが特に仲が悪いたかバチバチな感じはないお店でした。
働いた期間があまり長くないのでそこまで深く語る事はなおのですがスナックに比べるとキャバクラの方が私は女の子同士仲も良くお客さまの取り合いなどもなかったです。
たまたま私が働いていたお店が良かっただけなのかもしれないですが…

【大変だった期間】
1年くらい。




【当時の心境】
まだ10代の頃だったので友達の誘いが有れば仕事に行きたくなかったし夕方から用意するのも面倒な時は体調不良などの理由で欠席の連絡したりしていました。
お気に入りのお客さまが来る時はルンルンで出勤していたけどそれ以外は働く気ゼロでした。

【職場が大変だった原因】
自分の若さだったと思います。
あと友達と一緒に働いていたので友達が休むとなると自分も行きたくなかったし。




【仕事で良かったこと】
やっぱりお客さまに褒められたり指名がとれたりした時は頑張ろって思うけどそんな考えは1日2日でなくなってたと思います。
キャバクラってお酒飲んで喋るだけの楽な仕事って思うけど実際は大変な仕事だなってしてみてわかるかな。




【特にひどかった最悪の出来事】
基本的お酒に強かった私はそれが強みで酔うことがまずなかったのに1度だけ記憶が飛んだことがありました。
怪しいお店じょなかったからちゃんとおくりの人が家まで送り届けてくれてちゃんとしてくれたんですが自分的にショックすぎた出来事でした。
後、お店が忙しい日の出来事ですが1人も自分のお客さまが呼べずにむなしいおもいをした事も覚えています。
お酒は強かったけどあまりお酒が好きではなかったので仕事の時に飲まないといけないって思うとそれだけで気分が悪くなる時もありました。
今思えば若い時って若さだけでなんでもこなせる気がします。
昔の事色々と思い出してみてもそこまで最悪な出来事や忘れられない酷いことなどはあまりなかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
当時の相談相手は一緒に働いていた友達でした。
その友達の家に転がり込んでほぼ毎日一緒にいました。
友達がいてなかったら一人でキャバクラの世界に飛び込むことはなかったと思います。
ほぼ毎日グチっていたように思います。

【改善のための行動】
うまくいったことも失敗したことも邪魔してきた人もいません。
味方は友達でした。
ほんとにただただダラダラ出勤して時間過ぎるのを待って仕事が終わればまた友達と朝まで遊ぶみたいな生活でした。
そんな毎日だったのてわ特にです。




【現在の状況と心境の変化】
1番長く続けた仕事は水商売で、今は専業主婦で子供3人です。
あれから20年以上になります。
水商売は7年前に辞めました。
やっぱり今思い返しても水商売は1番楽しい仕事だなって思います。
子供がもししたいと言えば反対はしないし1度は経験した方がいいんぢゃない?って思います。
人生経験もたくさんできる仕事だと思います。

【学んだこと】
どんな仕事でもそうですが楽な仕事はないって事です。
見た目華やかで楽そうな仕事でも全くそんな事もないし




【当時の自分へのアドバイス】
若い時にもっともっと働いて稼げるだけ稼いてたら良かったなって思う。
今昔のように働きたいと思ってもやっぱり年には勝てないし。

若い時はさぼったり仕事に行きたくない、休みたい遊びたい気持ちばかりだったけどほんと後悔。

なんならお店のナンバーワン目指して頑張ったら良かったなって。
自分のお店だしたりしたかった。