【キャバ嬢】忍耐力を付けるのに、すごくいい経験をした時代でした!キツイ言葉言ってくれたお客様に感謝!

【キャバ嬢】忍耐力を付けるのに、すごくいい経験をした時代でした!キツイ言葉言ってくれたお客様に感謝!

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
キャバ嬢

【当時の住まい】
東京で一人暮らしをしていて、大学生だったので両立していた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
ホストにハマりお金がほしくてお金が早く貯まる方法がキャバ嬢だったので、スカウトさんに紹介してもらい働いてみた。

【環境と仕事内容】
職場は私よりも年齢の上の人が多く、経験者ばかりだった。
お店自体はそんな大きなお店ではなかったが、六本木だったので社長クラスの方々が多く、接するのに失礼がないようにするのが大変だった。
平日、休日もお客様の量は多くあまり休める時間がなかったが経験するにはいい仕事ペースだったと思います。
お客様も社長クラスなのであまり変な人がいなくしっかりとしたお店でした。

【大変だった時期】
初めの時期が1番苦労しました。
夜のこと何も知らなくて働いてみてどうやったらいいか分からなくて色々考えながら働いてる時期が1番辛かった。




【大変だったこと】
女の世界なので人間関係はあまり良くなかった。
休憩中も会話することはほぼなくみんな携帯をいじっているだけ。
社長クラスのお客様がほとんどだったので、みんな太い客を見つけるのに必死な様子だった。
ただの自分のお小遣い稼ぎだけの私だと立場的にあまり真剣さが足りず周りより浮いているように感じた。
歳も上の方の方々が多かったので落ち着いている雰囲気の方ばかりだったので、あまり若すぎると浮いて見えてしまう。
車長クラスになると若すぎるよりも、年相応の方との会話の方が弾むので一緒に席に着いた時はすごくやりづらいなと感じることが多くありました。
経験がなく最初のお店が六本木はハードルが高かったなと今ではすごく思います。

【大変だった期間】
一時的だった




【当時の心境】
はじめた頃は仕事に行きたくなくて仕方ありませんでした。
人見知りだったので、人と話すことも苦手だったので自分で色々と会話を作り出さないといけないのがすごく大変でした。
それでも会話が弾んで楽しいと言ってもらえるとすごく嬉しかったです。

【職場が大変だった原因】
あまり真剣に向き合おうとしなかったので、一生懸命知識を付けようとしなかったので、それが逆に自分で自分を苦しめたなと思います。




【仕事で良かったこと】
人と関わる仕事だったので、不愉快にしてはいけないなと思って、言葉や行動に気を使わないといけなかったなが辛かったけど、自分の話で会話が弾んでるのがわかり、楽しい空間になっていると充実しているなと感じました。




【特にひどかった最悪の出来事】
初めての席で会話にどうやって入っていけば分からなかった時に、先に入ってから外れるまでただ笑っていることしか出来なかったことです。
時間で席から外れる時にお客様にあの子何しに来たん?って他のキャバ嬢の子に言っているのが聞こえた時に本当に辞めてしまいたいと思いました。
その言葉が頭から離れずに、でもまだ仕事が続くから笑顔を振り撒かなきゃいけなかったのがすごくきつく最悪な日になりました。
出だしがほんなんだったもんで、キャバ嬢は楽しい仕事だと思うことが辞めるまで思えなく、今でもキャバ嬢の時の時代がすごく嫌いな私の中の時代になってしまっている。
思い出すだけでもあの時代には戻りたくないなと思います。
振り返りたくもない時代です。




【相談した人・助けてくれた人】
夜をやっていることは誰にも話せなく、1人で悩みました。
何か嫌なことがあっても誰にも言わず、ただ耐えて毎日過ごしました。
夜をやっていることはいい印象を持たれないことは分かっていたので、出来れば誰にもバレたくなかったから。

【改善のための行動】
他のキャバ嬢の接客を見たりして、会話がどうやって弾むか見て学びました。
あとは、YouTubeなども見たりして自分に取り入れられることは取り入れてやってみた。
身だしなみも少しは考え、食べ過ぎたりしないようにしたり運動をした。




【現在の状況と心境の変化】
あれから4年くらい経って、今は会社員として全然違う道を歩んでいます。
職場は今の所も知識が必要で覚えることばかりで大変だけど、キャバ嬢の時に比べたら精神的には追い詰められることは少なくなったかなと思います。
私にはキャバ嬢は向いていなかったんだなと確信しました。
私生活も子どもが生まれ充実した生活を送っています。

【学んだこと】
周りの空気を読むことや相手の立場を考えた言葉選びなど、人に気を使うことが出来るよえになった。
人の目を気にして行動することも出来るようになった。



【当時の自分へのアドバイス】
ちゃんた自分が働くと決めたなら、その仕事に真剣に取り組めと言いたいです。
半端な気持ちでやるなら最初からやらない方がいい。
自分にもメリットはないし相手にも何もメリットもない。
でも、嫌なことにも逃げずに向かっていったところは褒められるポイントかなと思います。
おかげでメンタルがすごく強くなり、多少のことではへこまなくなりました!