32歳でキャバ嬢デビュー!ガチ恋客との壮絶な喧嘩!ヘルプに裏切られた!熟女キャバクラってこんなにきついの??

32歳でキャバ嬢デビュー!ガチ恋客との壮絶な喧嘩!ヘルプに裏切られた!熟女キャバクラってこんなにきついの??

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
32歳

【当時の職業】
キャバ嬢

【当時の住まい】
実家の一軒家で母、祖父母と暮らしていた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
海外から帰ってきてお金が底をついてしまったので、とりあえずの収入のつなぎにする為に働き出しました。
本業をしていたのですが、本業だけでは生活できなかったので。

【環境と仕事内容】
大手のグループが経営している熟女キャバクラで、在籍している女の子は当時20人ほどいました。
ボーイも5?6人、
店長は何店舗か兼任していたので普段はいません。
まわしをする社員が1人いました。
私はアルバイトの嬢だったのでお客さまのお相手をするだけの仕事でした。
客層は年齢層は高めでたまーに若い男の子も来たり。
大きな会社のある町だったので接待などの3次会とかにも使われていました。
お休みは自分で決める為シフト制です。
給与は普通のアルバイトよりは高いけど嬢としては安いお店だったと思います。

【大変だった時期】
熟女キャバクラだったので、お客さんも嬢をけなすために来たりする人がいて精神的にキツいな…と思っていた。




【大変だったこと】
女の子同士基本的には仲良い感じに見えていたのですが、実は派閥があったらしくヘルプの付け方などで揉めているのを見たりしてしました。
お客様の質が良い方とは言えず、セクハラまがいのことも多かったです。
客入りにもものすごく波があり、お茶を引いてしまうような日もありました。
ノルマはなかったものの暇な日に外に立たされる客引きまがいのことをしている時も何度もありました。
また、基本的にお触り禁止のお店だったはずなのに、ボーイが見てみぬふりをして女の子が困ってしまうことも。
慣れてくればあしらえる事ではありますが入った当初は辛いなぁと思っていました。
暇な日に早く上がりにされることもあり、思っているより稼げなかったです。

【大変だった期間】
お店を辞めるまでずーっと変わらなかったです。
今も当時のお店で働いている子に話を聞くとますます酷くなってるそうです。




【当時の心境】
行くまではめんどくさいなぁとか嫌だなぁ、といつも思いながら支度していました。
ただ、指名のお客様が来る時などすごく楽しみでワクワクしながら行く日もあったので、楽しい半分嫌だなぁ半分くらいの気持ちでした。
単純に接客中に相性のいいお客さ様だったら楽しい!

【職場が大変だった原因】
女の子の問題に関しては数人の嬢達のもせいかなぁと思います。
お客様の質に関しては土地柄どうしようもないことなのかなぁ?と。




【仕事で良かったこと】
場内指名をもらえるとすごく嬉しいし、その人達とお店を卒業した後でも連絡取れたり会えたらできる関係性を作れたことはよかったなぁと今でも思います。
お店で知り合った方から本業のお仕事をもらえたりしたので自分のフィールドを広げることができる世界でもあると思いました。




【特にひどかった最悪の出来事】
私みたいなたまにしかいない(週2、3日しかも超平日)嬢が、なぜか指名が被りまくってしまった日がありました。
その日は4組ほどかぶってしまったのですが、もちろんわざとでは無く本当にたまたま。
ただでさえ接客中はできる時間が短くなってしまっているその中で私にガチ恋をして下さっていたお客様についてくれたヘルプの子が、私のことをペラペラと話し過ぎてしまったのです。
特に恋愛方面に関しては絶対に話していなかったのに、当時同棲している彼がいることを話してしまいました。
その後からそのお客様の様子が豹変し、ストーカーレベルで会いたがるようになってきました。
最後の方は言葉尻もキツくて、だったら会いに来なければいいのに…くらいの状況になってしまいました。
最後は家の近くの居酒屋で口論になって終了しました。




【相談した人・助けてくれた人】
基本的には仲良しの女の子にいつも相談していました。
2.3人ほど親しくできる子がいたので、その子達と仕事帰りにラーメン屋さんへ行ってお互いの愚痴を聞いてもらっていました。
あとは、個人的に気に入った居酒屋の店長さんのところに飲みに行って気分転換していました。

【改善のための行動】
お客さまと喧嘩別れしてしまった後からは、ガチ恋営業にならないように自分の接客スタイルを少し変えることにしました。
いつでも寝られる、くらいの信頼感を得て(実際には寝ませんが)長くお客さまとしてお付き合いできるような関係性を作っていけるようにしました。




【現在の状況と心境の変化】
お店を卒業して6年が経ちます。
現在は当時同棲していた彼と結婚して子供が生まれました。
本業も少しづつですが続けることができています。
ありがたい事に、当時お客様だった方の数名と今でも連絡を取らせていただいております。
私の仕事に協力してくれて、今でも私のことを助けてくださる方々がいらっしゃる今の環境にらとても感謝しております。

【学んだこと】
一つ一つの出会いを無駄にしてはならない、と言うことを学びました。
常に感謝の気持ちを忘れず、お相手と真摯に向き合うことができたら意外と世の中はみんな優しいです。



【当時の自分へのアドバイス】
本業をやっていたからこそあったプライドを捨てて欲しいです。
キャバ嬢のお仕事を完全に舐めていた当時の私に、これもお仕事である、と言うことをしっかり理解してほしい。
何事にも感謝をして、適当にやり過ごそうとしないこと。
そうしないと必ず後で痛い目に遭うと思います。
後は、お金のことをもっと真剣に考えなさい、と言いたいです。