【キャバ嬢】22歳で念願のキャバクラデビュー嫌がらせの相手はまさかの同期。

【キャバ嬢】22歳で念願のキャバクラデビュー嫌がらせの相手はまさかの同期。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
24歳

【当時の職業】
キャバクラ

【当時の住まい】
木属賃貸アパートで一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
とにかくお金が欲しかったことと、もともと夜型なので、昼間起きて働くよりも体力的に楽だったから。
お店は2.3件体験入店をしてから決めました。

【環境と仕事内容】
キャバクラなので、お客様の接客。
ドリンクを作ったり、お話し相手をしたり、時にはカラオケするお客様を盛り上げたり。
環境としては女の子同士割と仲が良かったです。
同伴ない子同士で出勤前にご飯に行ったり、アクセサリーの貸し借りをしたり、キャバクラからイメージするような女同士のギスギスはなくて、和気あいあいとした職場でした。
お客様も良客な方たちで、悪質なことはなかったです。
給与は昼職よりは高め。
スタッフは黒服6人、女の子14人の、すすきのにしては大きな店でした。

【大変だった時期】
22から働き始めたので、仕事にも慣れてきて後輩もできて…という時期に、私が同期だった子のお客様から本指名を頂き、突然ライバル視さらて嫌がらせをされた。




【大変だったこと】
結構長い間同期の女の子を指名していたお客様が、私がサポートについたのをキッカケに、そこから私を本指名にして来店してくださるようになり、嫉妬なのか、そこから嫌がらせをされました。
最初はロッカーを傷つけられたり、上着はキャストみんなまとめてラックにかけてあるのですが、私のだけゴミやほこり塗れにされたり、化粧台で私が置いている化粧品が壊されていたり、無くなったりもありました。
また、店内で無視やすれ違いざまに舌打ちなど。
流石にお店やお客様に迷惑がかかるようなことはありませんでしたが、日々の小さな嫌がらせが本当にストレスでした。
直接なにか嫌がらせをしている現場を見た訳でもないので問い詰める訳にもいかず、収まるのをじっと待っていました。

【大変だった期間】
その子が辞めるまでの9ヶ月ちよっと。




【当時の心境】
毎日毎日小さな嫌がらせがあることが本当にストレスでした。
仕事が嫌いな訳でもないし、他のキャストが嫌なわけでも、お客様に困っているわけでもないのに出勤するのが本当に嫌でした。
同期にやめて欲しい、早く居なくならないかなとさえ思っていました。

【職場が大変だった原因】
嫌がらせをしてくる同期のせいです。
強いていえば、キャストが困っているのに気付けない店長も、でしょうか。




【仕事で良かったこと】
お客様に楽しかったなどと明るい言葉を掛けていただけた時は本当に嬉しかったです。
また、後輩に頼られるのも、一人前になれたような気がして誇らしかったです。
ナンバワーワンにはなれなかったけれど、いつも指名してくれたお客様もいましたし、誰かに必要とされるのが嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
お客様から頂いたプレゼントを、お店が忙しかったため控え室の共有のテーブルに置いたまま(お客様が○○(私の源氏名)ちゃんへ)とメッセージカードを付けてくれていましたし、盗みをするようなキャストもいないのでそのままポンと置いておいても問題ないだろう思っていました。
本当はきちんと片付けなくてはいけません。
)仕事を続けて、戻ったらメッセージカードもラッピングもぐちゃぐちゃ、箱も一部潰れていて、辛うじて中身は無事でしたが、先輩が心配してくれているのに、同期は知らん顔。
どこまで私の事を嫌いなんだろう、どうしてこんなことが出来るんだろうと驚きと怒りとショックで、何も言えない、出来ませんでした。
結局上には相談していません。




【相談した人・助けてくれた人】
入店当初から可愛がってくれていた先輩キャストが、色々事情は深堀せずに、ただただ私の愚痴や話をお店終わりにご飯に連れてってくれて、聞いてくれました。
誰かに聞いて貰えるだけでもだいぶ楽になれたし、色々聞かずにいてくれたことも有難かったです。

【改善のための行動】
上に相談したり、やり返したり、問い詰めたりせず、ただただ嫌がらせが終わるのを待ちました。
反抗するのも大人気ないと思ったし、私と同期のたった2人だけの問題なので大事にしたくなかったらからです。
先輩方も気遣ってくれたので、自然に終わるまで待ちました。




【現在の状況と心境の変化】
嫌がらせは同期の子が退店したことで終わりました。
最後の最後まで嫌われたままでしたが、お客様を巡ることだし、そこは致し方ないのかな、と思うことにしました。
嫌がらせが始まった日から今に至るまで、同期とは連絡も取り合っていません。
また、それから4年が経ち、今は私も退店し、結婚して子供もいます。
同期の子にも幸せになってほしいなと思えるようになりました。
そしてまた仲良くと来たらいいなと思っています。

【学んだこと】
スルースキル(笑)お客様は酔っ払ってくるとつい気が大きくなって喧嘩腰になる方や同じ話を無限ループする人、具合悪くなってしまう人など様々なので、色んなことをスルーしていかないと、続かないです。



【当時の自分へのアドバイス】
もう少しだけ周りに頼って、甘えてみてもいいんだよと伝えたいです。
あの頃の私は後輩もできたことで先輩としてしっかりした所を見せなくては、と力んでいたこともあり、先輩や店長の負担になるようなことはしたくなかったので。
今なら『もっと早く頼って相談して解決て』と言ってあげたいです。
そして、自分も周りの子にも気を遣ってほしなと思います。