ハタチでキャバ嬢デビュー。変なおじさんの対応に心が疲れたはなし。

ハタチでキャバ嬢デビュー。変なおじさんの対応に心が疲れたはなし。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
キャバ嬢

【当時の住まい】
賃貸マンション一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
新卒で入社した正社員の仕事を辞めて次の仕事をゆっくり探したくて、見つかるまで働こうと思い応募しました。

【環境と仕事内容】
住んでいる県で1番夜の街として知られている街にあるキャバクラで働きました。
具体的な仕事内容は同伴からアフター、連絡先交換もしなければいけいけなかったです。
そしてお店での接客やお酒づくりなどもしていました。
お店の規模は大きくはありませんが小さくもないようなお店でした。
お客さんの年齢層は色々で若い方から年配の方までいました。

【大変だった時期】
キャバ嬢になってすぐ




【大変だったこと】
その職場で大変だったことは同伴からアフターまでしないといけなくて、お客さんと連絡先交換をしてプライベートで連絡を取り合わなければいけないこともありお店で働いている時間以外でも気を使ったり自分の時間を割いたりしなければいけなかったことです。
お店で働いている時間も長かったですが、同伴やアフターをしたり連絡をこまめに返したりすることに使う時間もたくさんありました。
労働時間というか、お客さんに対して気を使う時間は長かったと思います。
そしてもう一つは女の子同士の人間関係があまりよくなく、もちろんみんなライバルのような感じなのですがそれがあからさまに出ているような感じで女の子同士の雰囲気がいいとは全く言えないような感じも大変でした。

【大変だった期間】
一年ほど続いた




【当時の心境】
この職場での労働がきつくてなかなかお昼の正社員の転職活動が進まずずっとこのままになってしまうのではないかという将来への不安はとてもありました。
ですが一人暮らしもしていたため、すぐにキャバクラをやめることもできないという葛藤がありました。

【職場が大変だった原因】
職場が大変だった原因は職業柄仕方ないところもありますが、会社の体質なども良くはなかったとおもいます。




【仕事で良かったこと】
大変な職場ではありましたが、その中でやりがいを感じることは接客など自分が頑張っていることが全てお給料に反映されるのでお給料日の日は自分が頑張ってきたことにやりがいを感じて達成感を感じ嬉しかった記憶があります。




【特にひどかった最悪の出来事】
大変なことの中でも忘れられないことは私を気に入ってくださってよく来てくれるお客さんがいたのですが、その方ともちろん連絡先を交換したり同伴やアフターもしていました。
それを繰り返しているうちにそのお客さんがプライベートとお店での仕事としての接客の区別をつけてくれなくなってきて、私が他のお客さんを接客していたり仕事として同伴やアフターをしたり連絡先を交換したり、仲良くしていたりすると私に対してすごく怒ったりするようになりました。
そして怒っているような連絡が来たり、お店に来ても嫌がらせのように他の女の子を指名したりするようになりました。
他にもお店に連絡してきて、私の態度が悪いとクレームを入れられたりすることもありました。




【相談した人・助けてくれた人】
相談した人はいちばんの親友です。
その友人もキャバクラで働いた経験があったので気持ちをとてもわかってくれました。
話していてアドバイスをもらえたり、気持ちがとても楽になりました。
相談してよかったととても思いました。

【改善のための行動】
あまりにひどすぎるお客さんのことはお店の人に相談しました。
するとそのお客さんに対してお店側が対応してくれたので迷惑行為などは改善されていきました。
もっとはやくにお店に言って対応してもらっていればよかったと思いました。




【現在の状況と心境の変化】
それから5年は経ちました。
キャバクラで働きたながら大変でしたがお昼の仕事の転職活動をして転職することができ、キャバクラで働くのはやめました。
キャバクラで働いていた間は貯金もたくさんできたのでそのへんはとてもよかった点だと思っています。
キャバクラで身につけた、気を使うことなどは新しい職場でも役に立っています。

【学んだこと】
私が学んだと思うことはやはり、時間を守ることや媚びを売るのではなく相手を思い気を使うことなどを学べました。



【当時の自分へのアドバイス】
いやなことを我慢し続けるのではなく嫌なことは嫌と言えるようになるのは必要だと思いました。
でもよく頑張ったなあととても思います。
自分の時間を割いてでもプライベートの時間を違って連絡を取ったりしていたのは頑張っていたと思います。
今では過去のことを学んで行動できるようになったところも成長したところだとおもいます。