3ヶ月のスナック経験。ママや女の子に悩まされ、下品なお客さんにも泣かされた。酔っ払いのテンションについていけず真顔な私の話。

3ヶ月のスナック経験。ママや女の子に悩まされ、下品なお客さんにも泣かされた。酔っ払いのテンションについていけず真顔な私の話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
26歳

【当時の職業】
ラウンジ

【当時の住まい】
実家で両親と同居していた

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
医療系の仕事を辞めたばかりで、これからどうしよう?と思っている時に、友達に誘われてラウンジで働きはじめました。
話ではお客さんと飲む時にはノンアルコールだけで良いと言われたこと、時給2000円だったことが決め手でした。

【環境と仕事内容】
仕事はお客さんの話をよく聞いてその場を盛り上げてお客さんの気分をよくする様に楽しくお話ししてと言われていました、
ママ、チーママ、女の子10人弱の小規模のラウンジで
私は週に4,5回出勤で時給2000円でした。
夜の20時から1時までの営業で、できれば同伴、週末勤務の時にはアフターをしていました。
同伴の場合はプラス1000円加算。

【大変だった時期】
26歳で働きはじめて辞めるまでの半年間ずっと大変だった




【大変だったこと】
そのお店のママがとても威圧感がすごく…初めてお店に出勤した時にはすごく優しく、お酒が弱ければノンアルコールだけ飲んでおけばいいよと言われていたのですが、出勤し始め慣れてくるとアルコールを飲んでと言われ、出勤日数も週に2.3回でいいと言われていたので自分のペースで働こうと思っていたのに女の子の数が足りないから週末は必ず出勤してと言われ結局週に5回は出勤していた。
どちらかと言うと人見知りする私は、押しの強いお客さんや怖そうなお客さんが苦手で、少しうまく話せないことがあったりすると時給を2000円から1500円に下げられたりしていた。
週末のアフターは特にキツく、金曜日、土曜日はお店が1時に終わった後2時くらいから朝7時くらいまでカラオケ、スナックなどに行き、お客さんが気が済むまで帰れなかったのでかなりきつかった..帰宅は朝8じ過ぎていた。
体の疲労がキツく、休みの日は休んだ気がしなく、常に寝不足な感じが続いた

【大変だった期間】
仕事をしている半年間はずっと続いた。




【当時の心境】
タバコの匂いも苦手な私は職場がタバコの匂いがすることが第一に苦痛であった。
洋服にはタバコの匂いがつき、お気に入りのカバンや財布にまだまだ匂いがついてしまった。
いつまでこんな仕事をするんだろうと日々不安でしかなったが、休みの日に大好きな友達と遊びに出かけたり息抜きは最高に幸せでした。

【職場が大変だった原因】
自分には華やかな世界が合っていなかったんだろうと思うが、お店のママの厳しさが特に辛かった。
働いてる人をよく見てくれるママだったらもっと働きやすかっただろうと思う。




【仕事で良かったこと】
自分のことをよく思ってくれ、会いにきてくれるお客さんが何人かできたこと。
もっと2人で落ち着いて話したいからと同伴の時間をとってくれるお客さんがいたことはとても嬉しかったし、疲れていた自分を癒してくれた。




【特にひどかった最悪の出来事】
体力の限界もあり、お店を辞めることになった時に、ママに辞めることを伝えると態度が一変したこと。
いつもお店のドレスをレンタルしてもいいと言われていたので
出勤する時はドレスを着させてもらっていたが、辞めると言ったら今まで自分がきたドレスを全部クリーニングに出してから辞めてと怒るように言われた。
辞めたら医療系の職業に復帰することになっていたが、仕事が終わったら出れる日は出て!と言われ、なかなか気持ちよく辞めれなかった。
もう一つは自分のことを気に入ってくれたお客さんに、他のお店のマスターの男性と歩いているところをたまたま目撃され、もうお店には来ないとママに言われたため、ママから責められて怒られたこと。




【相談した人・助けてくれた人】
一緒に働いていた友達がいてくれたから何とか最後まで働けたと思う。
家も近かったので仕事が終わったら一緒に帰っていて、その日に会った出来事をお互い話して笑い話をしたり、愚痴をこぼしたりしたので心にも余裕ができた。

【改善のための行動】
とにかく自分から話を広げたりすることがあまり得意ではなかった私は、話がうまく、とても可愛いチーママを見てお客さんとの話し方、話の書き方、話し方などを見て学んでいった。
全員とは言えないが、心を開いてくれるお客さんもいた。




【現在の状況と心境の変化】
あれから10年近く経つがとても懐かしく思う。
あの頃は、毎日こんなことしていていいんだろうかと不安しかなかったが、いい経験にはなったと思う。
今は結婚して、子供もできて主婦になったが、パートナーがいて仕事をしてくれていて毎日ご飯を食べることができてとても感謝し、満足している。
当時ラウンジで子持ちの女の子も働いていたがとても尊敬している。

【学んだこと】
職場での1番上の立場の人の人柄や考え方によって、働きやすかったり働きにくかったり、かなり影響するんだなぁと勉強になった。



【当時の自分へのアドバイス】
酔ったお客さんに、容姿のことを悪く言われたり、辛いことを言われたりしたこともあったけどよく耐えたと思う。
当時は、怒られるから指示されたことは必ずしなければいけないと思うことがよくあったけれど、自分の気持ちを押し殺してまで無理をする必要はなかったのかなと思う。
自分の思ったことをもっと自信を持って言えるようにしてほしい。