【スナック】副職で夜のキャストへ。理不尽なことも多いけど自分は自分。夜の仕事で私が学んだこと。

【スナック】副職で夜のキャストへ。理不尽なことも多いけど自分は自分。夜の仕事で私が学んだこと。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
ラウンジ嬢

【当時の住まい】
一人暮らしでアパートに住んでいました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
元々会社員だったのですが、よく行くバーの常連さんの会社経営者の方と仲良くなり、その経営者さんと一緒に行ったラウンジ(経営者の方がよく行くラウンジ)でママに働かないかと言われ働くことになりました。

【環境と仕事内容】
地方都市の駅前のラウンジです。
駅前には女の子と飲める店がその店以外ほとんどなく(少し離れた飲み屋街にはある)規模的には小さいですが、綺麗な高級感のあるお店でした。
男性店長が1名、ママ、ボーイさん 1名、座意識している女の子が5?6名だったと思います。
私は週2回程度出勤する一番下っ端のポジションでした。
ですが、雑に扱われたり、いびられたりすることはなく、他の女の子も気さくに話しかけてくれました。
地方都市の小さなラウンジだったからだとおもいます。
お客さんも地元のテレビ局の方や、出張者など節度ある方が多かったです。

【大変だった時期】
半年ほどしか働いていないですが、最初が大変でした。




【大変だったこと】
お店で働くことになったきっかけが、会社経営者の知り合いと一緒にお店に飲みに行った時にママに声をかけられて、、、だったのですが、おそらくですがママが「私が店で働けばその経営者がもっと店に顔を出してくれて、店の売上が上がる」と思ったから誘ってくれたのだと思います。
なのでママから出勤するたびに「〇〇さん(経営者のか方)呼んでー」と言われ続けました。
その度に経営者の方に連絡するのですが、毎回都合が合うわけでもなく、来てくれないと気まずい空気になりました。
そもそも、私とその経営者の方は付き合っているとかではなく、ただの飲み友達だったので、私がお願いしたらきいてくれる!とか、そうゆうんじゃなかったんです。

【大変だった期間】
働いていた半年間です。




【当時の心境】
私は会社員の副業として、暇つぶし&お小遣い稼ぎ程度に働いていたため、特に不安はありませんでした。
むしろ、何もせず、座って喋って飲んでるだけでお金もらっていいのかな、くらいな感じでした。
他の女の子といろいろ話せたりしたことが、社会経験にもなったしいい思い出です。

【職場が大変だった原因】
お店で働きだすきっかけが悪かったと思います。
こちらがなんとなく過ぎたと思います。
ママの読みも甘かったかもしれませんが、こちらが何も考えてなさ過ぎたんだと思います。




【仕事で良かったこと】
半年間ではありましたが、とにかく人生経験としていい経験ができたと思います。
水商売は何かと低く見られがちですが、経済を回す上で重要な役割を担っていると思います。
その空間に従業員としていることができて、会社員として仕事をする上でも、今は個人事業主ですが今の仕事をする上でも、役に立った系けなと思います。




【特にひどかった最悪の出来事】
先述した、会社経営者の人と揉めました。
ママに言われるがままに経営者の人をお店に誘いまくっていたのですが、それが続いてしまったため関係性が崩れてしまったのです。
私が違う誘い方をしたり、ちょっと工夫して話せばよかったと今では思うのですが、ただただ「今日出勤してるから来てください」と言いまくっていたら嫌われてしまいました。
元々お店以外で知り合ったただの友達(知人)だったので、そんな相手から店に来て欲しいメールが来たらちょっとうざいですよね。
多分、その経営者の人はママの考え(私が店で働けばたくさん来店して売上が上がるかも)はお見通しだったと思います。
でも私だけは気づいていなくて、私は利用された感がしてなんかモヤッとします、、、。




【相談した人・助けてくれた人】
同じ街のよく行くバーのマスターに相談してました。
地方都市で、小さな街ですしどこの店の誰、などはみんなわかる感じだったので話が通じやすかったです。
仲が悪くなってしまった経営者の方と仲直りできるようにアドバイスしてくれました。

【改善のための行動】
改善するまでもなくやめてしましまいましたが、経営者の知り合いには誤って仲直りしました。
経営者の方は「僕が行っても君の力が付くわけではないから」と言っていました。
やめた理由は別で、本業の会社員で転勤になってしまったからです。




【現在の状況と心境の変化】
それから8年くらい経ちました。
ラウンジの仕事はやってみて本当に良かったと思います。
経験できる期間が限られているし、年齢を重ねた今やってみようと思ってもできるものではありません。
今振り返ると、副業ではあったけどもっと自分で考えてどうやったら良くなるのか、売上が上がるのか、お客さんが喜ぶのか、いろいろ試してみればよかったのになと思います。

【学んだこと】
人との会話のスキルです。
喋るだけ、聞くだけ、ではなく、必要に応じて分量を調整したり、自分が話しているようで相手の言葉を引き出したり。



【当時の自分へのアドバイス】
とにかくもっと考えて!!ただ居るだけでお金が入るから楽だな!ではなくて、せっかくその空間にいるんだからお金以外のことも学んで自分のものにしなくてはもったいない。
水商売の場は、お金以外の価値のあるスキルや経験を得られる場所だと思います。
年を重ねるごとに、ひしひしと思います。
今となってはもうあの場所には戻ることはできないので、悲しいです。