【スナック】20代とおじさんの会話が噛み合わないのは当たり前!という話。

【スナック】20代とおじさんの会話が噛み合わないのは当たり前!という話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
25歳

【当時の職業】
スナック

【当時の住まい】
実家の一軒家で親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
友達のお父さんに友達と一緒に呼ばれて初めてスナックに行きました。
その時にスナックのママと仲良くなりそのまま働いてみないかと誘われてです。

【環境と仕事内容】
お客様がきたらおしぼりだして席のご案内。
乾き物やお通しを出す。
お酒をつくって接客。
ままのお手伝い。
同伴、アフター有り。
時給1500円。
お客様は基本的に常連さん。
時々新規様もくる。
休みは自己申告制。
給料は週払い。
相談可能だったので月払いの女の子も多かったです。
食器類を洗う。
店内の掃除。
ゴミ出しもありました。

【大変だった時期】
はじめてから最初ははじめての世界で何も分からなくて、先に働いていたキャストのお客様と指名争いになることが大変というか女の世界で怖かったです。




【大変だったこと】
人間関係が女の子の入れ替わりが激しかった時期が多かったので、比較的悪いことが多かったです。
ままのいう事を守れず、自分の付きたい席に勝手に行ってしまう子や、指名を気にせず自分の気に入ったお客様にどんどんアピールしてしまうこもいました。
お客様からクレームがくることもしばしば。
私はそんなことなかったのですが、お給料の計算が合わないという女の子も多くままに対しての文句もかなり聞いたことがあります。
お客様は基本的に良い方ばかりでしたが、中にはクセの強い方もいらして女の子から嫌われているお客様もいました。
そんな方から指名をいただくと逃げられないのでその時間が辛かったのを覚えております。
慣れてきてからは気にならなくなりましたが。

【大変だった期間】
一時的なものでした。




【当時の心境】
接客は基本的にとても楽しく、仲の良い女の子もいたので出勤中、アフターがない時には女の子と飲みに行くことが楽しかったです。
ただ相性の良くない女の子がいたのも確かで、財布から現金取られたこともありました。

【職場が大変だった原因】
ままの情緒が不安定で女の子がついていくのが大変だったことが多いと女の子からの声をよく聞くことがありました。




【仕事で良かったこと】
最初はまったくわからない世界だったので覚えることが多くて大変でしたが、お客様に指名をもらえたことがとても嬉しく、仕事を覚えてからはとても達成感を感じました。
お酒をたくさん飲むことは大変でしたがその分売り上げが上がるのも達成感ありました。




【特にひどかった最悪の出来事】
1ヶ月に3回ほどお金を取られたこと。
これはお店で働く女の子が犯人だなとは私もままも仲良い女の子もわかってはいましたが、止めることができませんでした。
接客でも癖の強い方の接客はとても大変で辛いことがありましたが、一緒に働いている女の子から勝手にバックを開けられて、財布も開けられて、お金を取られた事を考えると、とても信頼することが出来ず少し人間不信に陥りました。
一度ではなく三度もというのも人を信じられなくなる原因のひとつだと考えています。
お店には専用のロッカーがありませんでしたので、ひとつの物置倉庫みたいなところにみんな私物を置いていました。
まさか物取りが起こるとは思っていなかったのでショックがでかかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
お店で働く仲の良い女の子や、お店のままにはたくさん相談したり、愚痴りに営業終了後に飲みにいくことが多かったです。
接客する分、愚痴はたまってたのでその時間は楽しかったです。
お店のままにはたくさん助けてもらいました。

【改善のための行動】
お金を取られた時はまず、人を疑うことがどれだけ精神的に参ることなのかわかりました。
まず周りに話すまでに時間が
かかりました。
もっと早く周りに打ち上げればよかったと今では考えておりますが当時は難しかったのです。




【現在の状況と心境の変化】
結婚を機に辞めてから4年から5年ほど経ちました。
その後も他業種で働いておりますが、あの時の悩みや苦労とは全く違う気持ちです。
人間関係は問題ありません。
仕事はやりたかった仕事につけているのでとても満足、そして充実しております。
私生活も素敵な旦那さんと子供に恵まれて幸せです。
旦那とは前の職場で出会ったので、そこも感謝してます。

【学んだこと】
接客業の大変さをとても学びました。
マニュアルがあったとしてもマニュアル通りにいかない。
その方に合わせた接客ご必要。



【当時の自分へのアドバイス】
もう少し、気を抜いてリラックスして働けばよい!!ということですね。
失敗を気にしてなかなか自分らしさを出すのに時間がかかっていたと思いましたので。
あともっと周りをたよっても良かったんじゃないかな?
楽しんで仕事ができることが一番大事なことだと辞めてから気づいたので。
そうすれば自然とお客様もついてきてくれますよ?