【スナック】20歳で夜の世界に飛び込んで知った世界。そして築き上げられた私。

【スナック】20歳で夜の世界に飛び込んで知った世界。そして築き上げられた私。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
スナック

【当時の住まい】
実家の一軒家で親と同居。
特に不自由のない生活をしていた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
友達がキャバクラで働いていて給料が良く、キャバクラの体入に行ったが時間が朝までで、キラキラした世界すぎてわたしには合わず、それから夜の仕事に興味を持ち始め調べているとキャバクラよりは給料が安いが普通のバイトよりは良いスナックを見つけて体入。
終わるのも2時までと朝までやっていない点、キャバクラに比べて落ち着いているのがよかった。

【環境と仕事内容】
仕事内容
お客さんとお話し、お酒を作る、カラオケの合いの手など
お店の規模
カウンター6人、ソファー16人くらいだった
職員は大ママ1人、まま1人
スタッフ4人の6人
自分は未経験で1番年下の下っ端でした。
お客さんは足場のお客さんや近くでボーイをやってる男性などママたちと昔から知り合いの方が多かった
休日は特になかったがお客さんがいない日は早めに店を閉めていた。
給料は時給1600円だった

【大変だった時期】
働き始めた時(当時20歳)に年齢層の高いおじさんが多く、話すことがなくて大変だった。
後は連絡先を聞くように言われており、普段からあまり連絡が得意ではなかったので苦痛だった。




【大変だったこと】
職場で1番大変だったことは、自分が夜の世界に未経験20歳で入っており、お客さんは若い男性よりもどちらかというとおじさんが多かった。
そのため、おじさんとの話が合わずままと一緒に席についてもわたしだけ話についていけないこともありポカーンとしているとこも多々。
初回で来て、私と一対一にお客さんがなってもおとなしい人とどのように会話を続けていいのか分からないことも多く、沈黙の時間になることもあった。
どちらかと言うと自分は話すのが好きな方だが沈黙は苦手であったがお客さんによっては一人一人違うので合わせてお話しすることが難しくて大変だった。
人間関係や労働時間などは悩むことがあまりなかった。
後は実家に住んでいたので毎回ひっそりと帰るのが大変だった。

【大変だった期間】
続いたのは一年位。
大学の授業が忙しくて辞めてしまった。




【当時の心境】
お客さんと話すことがあんまり得意ではなかったのでお客さんと話すことないな?めんどくさいって気分の時が多かった。
ただ、たまにタイプのお客さんが今日行くよ!みたいな連絡をくれた日は少しウキウキして言ってました。
(多少の恋心?!)

【職場が大変だった原因】
私は人見知りがあったのか、世間知らずなのか
目上の人と会話しても分からないことが多くて大変だった。
これは自分に落ち度があったと思う。




【仕事で良かったこと】
だんだんとお客さんと打ち解けてきたな!って思えてくると
やりがいがあった。
また、自分に会いに来てくれるお客さんがいるのも嬉しかった。
大人数のお客さんが来て人が足りず一人でたくさんのおじさんの相手をした後は達成感があった。




【特にひどかった最悪の出来事】
普段からお会計をつけ払いするお客さんがいて、その日は財布を家に忘れたからつけ払いにしておいて、と言っていた。
しかし、あまりにツケが溜まっており、家に行けばお金があるとのことで、たまたま客さんが家が近かったこともあり一緒についていってと言われたことがあった。
お客さんの家に着いた時に家の外で待機していたが家の中に入れば?と言われて断っていたところ無理やり家に入れられそうになって必死に断った。
それは結構大変でした。
(普段から冗談っぽい人で、今回もそんなに無理やりではなかったが冗談が長くて面倒だった。
また私が不機嫌になってると必死に謝ってきたから許してあげたが)
その後普通にお金を持ってお店まで行き、お金を払ってくれたのでよかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
特に人に相談するまでの悩みはなかった。
仕事というのはそういうものだと思っていたし、友達がキャバクラで働いている子が多くて私の話よりも全然ひどいことなどがあったので自分はそんなに大変だと思っていなかった。

【改善のための行動】
おじさんと話が合わない時は必死に周りがフォローしてくれた。
慣れてきた時にはもう若いからわからないっていうのを開き直っていたかもしれない。
そうすることで意外と若いからと許されたりちょっと馬鹿にされたりもしたがキャラで通した。




【現在の状況と心境の変化】
それからもう10年が経ちました。
辞めてからは全然違う仕事をしています。
夜の仕事はお金がいいけど、それに見合った仕事内容だなと今は思います。
お客さん相手の仕事、夜も遅く不規則になるので結構ストレスも溜まりやすいんじゃないかな?と思う。
今は昼職でお給料も時給換算したら低いけど、わたしには今の仕事があってるかな?と思います。

【学んだこと】
いろんな方と話すコミュニケーション能力みたいなところは学べたのかな?と思います。
あんなにおじさんと話すことは中々ないですからね(笑)



【当時の自分へのアドバイス】
もう少しテレビを見るにしてもニュースなどを見て、今どんなことが起きてるのかとか常に情報にはアンテナを張っておいた方が仕事に役立つかもしれない。
お客さんからお酒をいただいて自分が酔っ払いすぎないように注意だよ!若いなりに頑張っているんだからあんまり自分を責めないように!あなたには若さという最大の武器があるんだから!と励ます。